長野県信用組合 長野県信用組合

事業方針
事業方針 TOP
沿革
沿革 TOP
ディスクロージャー誌一覧
ディスクロージャー誌一覧 TOP
当組合の方針・指針について
当組合の方針・指針について TOP お客さま本位の業務運営についての基本方針 長野県信用組合のSDGs宣言 ペイオフについて 保険募集指針 個人情報の保護について 共済募集指針 利益相反管理方針 反社会的勢力に対する基本方針 地域密着型金融の取組みについて 環境方針 金融商品に係る勧誘方針 顧客保護等管理方針 電子決済等代行業者との連携及び協働について
金融円滑化に向けた取り組みについて
金融円滑化に向けた取り組みについて TOP
電子公告
電子公告 TOP
タイトル

環境方針

メニュー

 長野県信用組合は、自然豊かな長野県の地域金融機関として、地球環境保全に配慮し、環境への負荷を軽減する活動を継続し、地域社会に貢献します。

  1. 環境に関する情報等を公開し、環境保全活動の継続的改善を図ります。
  2. 環境関連法・規則等を遵守します。
  3. 以下について環境目的・目標を定め実施し、定期的に監視と見直しをすることで汚染の予防に努めます。

(1)省資源、省エネルギー、廃棄物の削減
(2)環境に配慮した物品の使用
(3)環境配慮型金融商品の提供
(4)役職員への環境教育による、地域社会に対する環境貢献

 

 

認証/登録の取得から自己適合宣言へ

けんしんは平成17年3月3日、ISO14001自己適合宣言に移行しました。

iso14001自己適合宣言

けんしんは、平成14年3月5日にけんしん本店(本部及び本店営業部)がISO14001規格に適合しているとして、㈱トーマツ審査評価機構の認証/登録を受けました。

その後3年を経過し、認証/登録期限を本年3月に迎えるにあたり、更新審査を受けず、規格との適合を自らの責任において自己決定し自己宣言する(以下『自己適合宣言』という)ことにしました。

その理由は、これまでと同様に環境方針の実現や環境目標を達成するための活動を継続するとともに仕組みの再構築を図り、なおかつ、引き続き㈱トーマツ環境品質研究所の指導を受けて内部監査機能の充実と職員の環境教育の徹底を図ることによって、今後も十分にISO14001の規格に適合し、企業の社会的責任も果たせると判断したからです。

自己適合宣言とは

1996年に国際標準化機構(ISO)が定めたISO14001規格には、当該組織の環境マネジメントシステム(Plan-Do-Check-Actionの一連のサイクルにより環境負荷低減・配慮活動を継続的に実施するための仕組み)が規格に適合していることを実証する方法として、①外部組織による審査登録 ②規格との適合を自己決定し、自己宣言する の二つが定められております。けんしんが平成14年3月5日に認証/登録を受けたのは①によるものであり、このたびの「自己適合宣言」は②によるもので、いずれも正しい実証方法であるということができます。

なお、このほど改定されたISO14001の2004年版新規格では、規格に適合していることを実証する方法として次の4つが掲げられており、その中でも自己適合宣言について記されています。

① 自己決定し、自己宣言する。

② 例えば顧客など、組織に対して利害関係をもつ者による適合の確認を求める。

③ 組織外部の団体による、自己宣言の確認を求める。

④ 外部機関による環境マネジメントシステムの認証/登録を求める。