長野県信用組合 長野県信用組合

ためる
ためる TOP 口座開設 手のひら口座 普通預金 定期預金 定期積金/積立式定期 その他商品一覧
かりる
かりる TOP 各種ローン 仮審査申し込み カードローン 住宅ローン/リフォームローン マイカーローン 教育ローン フリーローン ローンシミュレーション
運用する/そなえる
運用する/そなえる TOP けんしんBANK×SBI証券 国債 投資信託 積立型投資信託 NISA 保険商品・共済商品 <個人型>確定拠出年金 信託商品
便利につかう
便利につかう TOP 年金サービス スマホ窓口 スマートフォン決済サービス Web口振受付サービス Tポイントサービス Pay-easy 税金・各種料金払込み 貸金庫 デビットカードサービス
ATMサービス
ATMサービス TOP ATMお引出し手数料無料 セブン銀行ATM 非接触タッチパネルATM ATM通帳繰越サービス ATM定期預金 その他ATMサービス一覧
タイトル

投資信託とは

メニュー

投資信託とは

多くのお客さま(投資家)の資金を集め、資金運用の専門家が株式や債券、不動産投資信託などに分散投資し、投資家がその運用実績を享受する仕組みです。ただし、運用成果がマイナスとなる場合があります。

投資信託 3つのメリット

  1. 少ない金額から購入できます。
  2. 国内外の株式や債券、不動産投資信託などに分散して投資します。
  3. 投資の専門家が運用を行います。

投資信託の仕組み

貯蓄と投資の違い

将来に向けてお金を準備するには、「資産形成」を行っていくことになりますが、「資産形成」には、「貯蓄」と「投資」の2つの方法があります。すぐに必要となる可能性のあるお金は、銀行の預金などのようにいつでも自由に引き出すことのできる(流動性が高い)「貯蓄」の形で、教育や老後資金など、将来のために増やしていきたいお金は、株式や投資信託などを利用した「投資」の形で、長い期間をかけて少しずつ増やしていくと良いでしょう。

現在お持ちの金融資産を見直す基本的な考え方

投資信託のご購入からご換金まで

投資信託のリスク

価格変動リスク

株式等の価格が上下に変動するリスクです。

金利変動リスク

景気や政策等によって金利が変動するリスクです。
一般的に金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。

信用リスク

発行体(国や企業等)の経営状態が、株価等の価格に影響を与えるリスクです。
発行体の経営状態によって、発行している株式等の価格が変動します。

為替変動リスク

日本円と外国為替(ユーロ・ドル等)との交換レートが変動するリスクです。
海外の株式等に投資する投資信託は、一般的に為替が円安になると収益が増加し、円高になると収益が減少します。


投資信託に関する留意事項
  • 投資信託は、預金ではありません。
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 投資信託は、預金と異なり元本および利回りの保証はありません。
  • 当組合で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当組合は、ご購入・ご解約(換金)のお申込みについて取扱いを行っております。投資信託の設定・運用は各運用会社が行います。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただいたお客さまに帰属します。
  • 投資信託の基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)の値動きにより変動しますので、投資元本を割り込む場合があります。
  • 組入れ有価証券(株式・債券等)の価格等は、経済情勢・金利動向・その有価証券の発行者の信用状態や、取引が十分な流動性のもとで行えない状況(流動性リスク)等により変動しますので、投資元本を割り込む場合があります。
  • 外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動(為替変動リスク)により基準価額が変動しますので、投資元本を割り込む場合があります。

投資信託に係る費用

投資信託のご購入から換金・償還までの間に直接または間接にご負担いただく費用には次のものがあります。(当組合で販売中の追加型投資信託の上限を表示しています。)

購入時の費用 購入手数料 申込金額等に応じ、基準価格に対して、最大3.3%(消費税込)
運用費用 信託報酬 信託財産の純資産総額に対して、最大年率1.98%(消費税込)
その他費用 監査費用・売買委託手数料等その他費用
実際の費用の種類・額および計算方法は、ファンドにより異なります。また、その保有期間・運用状況等により期中の手数料等が変動するファンドもありますので、事前に料率、上限額等をお示しすることができません。その詳細は、各ファンドの「交付目論見書」および「目論見書補完書面」でご確認ください。
換金・償還時の費用 信託財産留保額 換金時の基準価格に対して、最大0.5%
  • 当資料は当組合が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 投資信託のご購入に関しては、必ず最新の「交付目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身で判断ください。
  • 「交付目論見書」および「目論見書補完書面」 は当組合の本支店の投資信託取扱窓口にてご用意しております。